耐性をもつタイプ

薬を撒く様子

南京虫について説明すると虫の仲間です。昔からいる虫のようですがこの間までは数は強力な殺虫スプレーのおかげもあって減少傾向でしたが最近になってまたその数を増やしてきました。その理由は殺虫スプレーに対して耐性を持つ種類が増えてきたからと言われています。何故かというと海外にも南京虫はいますが旅行客などが海外へ行ってきたとして帰ってくる際に耐性を持つ南京虫が衣類などについてくることが多いためです。海外ではより強い殺虫スプレーが使われておりそれの耐性がついた種類の南京虫が旅行客に引っ付いて日本国内に海を越えてわたってくるのです。南京虫駆除を正しくスムーズにするにはどうすればいいのかをこの次の項目で説明します。

南京虫駆除について、南京虫は夜行性で昼間はあまり姿を現しません。夜になると人間の血を吸いに二酸化炭素につられて畳の隙間などからやってきます。この習性を上手く利用するのです。どうすればいいかというと二酸化炭素を出すドライアイスを購入します。そしてそのドライアイスの下にお皿を敷きます。そのお皿は外側がザラザラしているのが好ましいです。逆に内側はツルツルしているのが好ましいです。何故かというと、ザラザラした所から南京虫が登ってきやすいように工夫し逆に登りにくいツルツルした場所を作ることによって登れなくして一網打尽にして南京虫駆除を行うことが出来るからです。このようにザラザラとツルツルな箇所を工夫して仕上げ南京虫駆除に役立てるのです。