サポートを受ける

調査する作業員

害獣駆除業者に対策を依頼しましょう

近年ハクビシンが住宅街で目撃されていることが多くなってきています。 1950年代にはハクビシンが生息しているのはわずか7県でしたが、2008年には43都道府県にまで広がり、ほぼ全国に生息しているといっても大袈裟ではありません。 一般の人は対策は出来ますが、ハクビシンを駆除をすることは出来ず、必ず資格を持った、そして市や県に許可をされた害獣駆除の業者でなければ捕獲をすることは許されていません。 害獣駆除業者は住宅リフォームを兼業しているところも少なくなく、ホームページなどを見ると、ハクビシンに汚された屋根裏や壁を修理してくれるところもあります。 リフォームと共にハクビシンが侵入できないような対策も同時にしてくれるので、相談してみましょう。

屋根裏から異臭と物音が聞こえたら

寝静まった夜中に屋根裏を走る物音。 そして天井の壁紙にシミが広がり異臭がしたら。 ほぼ間違いなく害獣がお邪魔しています。 タヌキなのかハクビシンなのか、大きなネズミなのか、想像するだけでもげんなりしてしまいますね。 そして、害獣がいるとわかってもどうして良いのかわかりませんよね。 そんな時には害獣駆除の業者さんに依頼しましょう。 必要な対策や、駆除をしてくれます。 一般の人には出来ない駆除や捕獲、対策などをしてくれるので大変助かります。 害獣は放っておいても増えることはあっても、減ることはまずありません。 生き物ですから繁殖します。 そうなる前に業者さんに依頼するのは大切なことです。 ご自身の家だけではなく、ご近所に迷惑を掛ける前に依頼しましょう。