センスの良い女性

近づくのが危険

薬を撒く様子

蜂の巣を退治するまで、見つけたターゲットには近づかないようにすることが大切です。刺激するだけでも襲ってくることがあるため、近づくのが危険の原因だからです。特にスズメバチは、自己処理をせず専門業者に依頼するべき相手です。

Read more

耐性をもつタイプ

薬を撒く様子

南京虫は昔と違って、今では耐性を持ったタイプが現れています。そうした耐性を持つタイプの南京虫を効率的に駆除するためには、専門業者の力はやはり非常に役立つといえるのです。

Read more

被害に注意しよう

薬を撒く様子

攻撃を受けてしまうと命に関わってしまうこともあります。ハチ駆除の相談をしておこう。駆除のプロはこちらです。

全国でアライグマ被害発生中

アライグマと言えば愛らしい仕草で、一見かわいらしい動物に見えます。このアライグマが最近野生化し、日本各地で生息しています。本来は日本にいない動物でした。しかしペットとして持ち込まれ、その後逃げたり捨てられたりしたものが、徐々に野生化していったのです。現在では特定外来生物に指定されています。それらによる被害が各地で相次いでいます。野菜や果物などの農作物を食い荒らす、日本在来種や絶滅危惧種の生態系を破壊する、などが報告されています。また、アライグマが民家の近くでゴミをあさったり、屋根裏や納屋に住み着くことで糞や尿に汚染されます。寄生虫やウイルスから人体だけでなく、ペットや家畜への健康被害も出ています。これらの被害に対し国は法律を定め、自治体や農家、住民などが対策に取り組んでいます。罠を仕掛けたり民家への侵入をさせない工夫をして対応しています。

被害にあったらどうするか

アライグマの被害にあった場合、どのように動けばよいのでしょう。自治体により条例や規則を定めているところがあるので、まずは問い合わせてみましょう。また有害鳥獣駆除の専門業者があるので、そちらへお願いすることも出来ます。電話をして被害状況を伝えると、スタッフが現地に来てくれます。見積もりや現状把握の後、被害に応じて駆除してくれます。業者によっては糞や尿などによって汚れている現場を清掃してくれるところもあります。アライグマの駆除は早期発見、早期駆除が肝心です。凶暴な性質なので、直接被害に合っていなくても姿を発見したら、まず専門機関へ連絡したほうがよいでしょう。普段から連絡先など調べておくと安心ですね。

サポートを受ける

調査する作業員

ハクビシンに対策を施すべき地域は、今や43都道府県にも広がる生息域から、まさに日本全国だと断言できます。サポートを受けるために害獣駆除の業者に依頼して問題児を捕獲してもらって、お互いの平穏な生活を守ることが大切です。

Read more